腰痛について 腰痛持ちの妻をもつ薬剤師のサイト

腰痛 解消について > 腰に負担をかけないために > 座り方

腰に負担をかけないために

座り方

実は腰にかかる負担は、立っているときより、

座っているときのほうが大きいのです。

ということは、座り方にも気をつけなければなりません。

特にデスクワークの人は、正しい座り方を知り、

マスターしておかないと大変なことになります。


重労働の人より、デスクワークの人のほうが、

腰を痛めるという報告がたくさんあるのです。


背もたれのある椅子では、隙間ができないように

お尻を背もたれにピッタリつけます。
isu3.jpg
この姿勢は、腰椎が軽く前に曲がった状態になり、

腰への負担が少なくなります。


浅く腰かけて、上体を背もたれにあずける座り方をすると、

背もたれとお尻の間に隙間ができて、腰に負担がかかります。


背中を丸めて前かがみになった姿勢も、腰に負担がかかります。


お腹に力を入れて、お尻の穴をすぼめ、

頭が上に持ち上がっていくようなイメージで座るといいと思います。


仕事で使う椅子は、膝と腰が90度になるような椅子を

選ぶといいでしょう。


椅子が高すぎたり、低すぎたりすると、腰椎の前彎の状態が

悪くなり、負担がかかってしまいます。

isu4.jpg

椅子が高いときには、台を置いて腰と膝が90度になるようにします。

台がないときは、膝を組んで座ると、いくらか負担を減らせます。
isu2.jpg


正しい姿勢でも、長時間同じ姿勢はよくありません。

ときどき足を組みかえたり、立ち上がって軽く歩くなどして、

腰への負担を減らしましょう。


普段の仕事がデスクワークだと、筋肉が鍛えられず、

ますます腰に負担をかけてしまいます。

自宅で腰痛体操などしてみるのもいいのではないでしょうか?